自宅売却で損せずに売りたいなら最低3社以上に査定依頼を!

自宅売却では絶対に損はしたくないのは当然の事なのですが、実際には気が付かずに損している売主って結構いるんです。売主が気が付いていなければ、「うまく売却できて良かった」となっているので問題はありませんが、売却後にもし、もっと高く売れたのでは?と思う出来事があった場合、後悔すると思いませんか?

100万円の違いが出ることも多いので、後悔しても仕切れませんよね?

ではどのようにすれば損せずに自宅を売却できるのか?

自宅売却で損する人の特徴

自宅を売却する事になった経緯は違えど、売却する事を検討しているなら、絶対になるべく高く売る事を心がけなければいけません。売却で得たお金は今後有効に使う事のできる財産になりますし、もしローンが残っているならローンを完済する資金にもなりますので妥協して売っていては必ず後悔することになります。

ただし、状況や自宅不動産の状態や価値などによっては、値下げして売らないと売れない場合もあるとは思います。しかし、それでも納得できる売却額で売る為に最低限の事はした上で売るようにしてください。

話しが少しそれましたが、損する人にはそれなりの特徴があるので、それを知っておく事がまず大事。

  • ①査定依頼を1社にしかしていない!最低でも3社には査定依頼すべき
  • ②自宅の売却に合う不動産屋を選んでいない
  • ③不動産業者に主導権を握られている

①査定依頼を1社にしかしていない!最低でも3社には査定依頼すべき

今では常識ですが、自宅の査定は複数の会社に依頼する事が重要です。「不動産屋はプロなんだから、どこに頼んでも一緒」と思いがちですが、そんな事はありません。確かに取引事例などを元にして査定を出しますし、取引事例などは同じデータを見ていると思いますが、それだけではなく不動産業者それぞれの経験など市場の動向などを踏まえて査定をだします。

その為、扱っている不動産やこれまでの経験によって査定額は異なります。

1社にしか依頼していない場合、その査定額を本当に信用してよいか疑問に思いませんか?

A社は「3700万円なら売れる」
B社は「3900万円なら売れる」
C社は「3820万円なら売れる」
と言っている

この場合、当然ですが、B社に仲介してもらって売却したいと思いますよね?

近所の不動産屋(A社)に行って査定してもらって売却していたら、3700万円で売却できるかもしれませんが、もしB社やC社にも査定してもらっていたら、3900万円、3820万円の価格で売れた可能性があります。

その為、1社にしか査定依頼していないと、比較できないので判断基準が作れないので、失敗に繋がってしまう可能性が高くなるんです。もちろん、B社やC社に仲介を依頼して、結局3700万円での売却になるかもしれませんが、出来る限り高く売るにはチェレンジしないと売れる訳がありません。最初から3700万円で売り出したら、3700万円以上では絶対に売れませんので...

査定見積もりは最低でも3社以上に依頼し比較できるようにする!損している人は1社しか査定依頼していない場合が多い!

②自宅の売却に合う不動産屋を選んでいない

自宅を売却する際には不動産会社と媒介契約を締結して売ってもらうことになるのですが、その不動産屋をどこに頼むかで売却が成功するかどうかが決まってきます。

例えばですが、不動産屋と言っても「賃貸が得意な会社」「売却が得意な会社」とあり、細かく言うとさらに、売却が得意な会社でも、マンションが得意、一戸建てが得意、土地が得意など分かれてくるはずです。その為、自宅を売るのに適した会社を選ばないと損する可能性があります。

マンションを売るのに、一戸建ての売却を得意としている不動産屋に頼むよりも、マンションを多く売却した経験のあるマンションが得意な不動産会社に頼んだ方が良いはずです。

必ずしもうまくいく保証は無いにしても損しずらくはなるはずです。

③不動産業者に主導権を握られている

不動産業者に主導権を握られている場合も損する可能性が高くなります。売却はプロに任せた方が良いという考えのもと、担当の営業マンにお任せする方もいますが、時と場合によっては任せる事で損してしまう事があります。

例えば、営業マンであれば市場動向を把握してあるはずなので、営業マンの頭の中では売主の自宅が3500万円で売れると判断したとしても、相場は3400万円だから、最終的に3400万円で売れるように調整しようと考えてしまう営業マンがいます。

3500万円で売ればいいのに!なぜ?と思いますが、買主目線で考えた場合、3500万円ではなく3400万円で買いたいはずなので、売主に相場の3400万円で売れれば御の字だと思い込ませれば、売りやすくなりますよね。

営業マンにとっては3500万円だろうと3400万円だろうとあまり変わりません。と言うのも仲介手数料は売却価格×3%+6万円なので3500万円×3%+6万円=111万円(税抜)、3400万円×3%+6万円=108万円(税抜)となります。売主にとって100万円はかなり大きいですが、不動産会社からすると3万円しか変わらない為、売れれば良いという考えになってしまいます。

このように営業マンに主導権を握られてしまうと、売れる金額に誘導されて売却する事になり、結果、高く売れたはずの自宅が低い価格で売る事になってしまいます。もし100万円も違ったら・・・。損したくないですよね。

まとめ

上記、損する人の特徴を3つ紹介しましたが、まず大事な事は3社以上に査定依頼をして比較対象を作る事です。査定依頼して、その査定の根拠を確認して、やり取りや、対応、得意分野など、その他を比較して一番良い業者に仲介を依頼する事で、損する可能性は低くなるでしょう。